2015年01月10日

第16回五島列島・グレ釣りツアー

12月23日(火祝)
今回で16回目の年末五島行です、7人で23日朝に関空から福岡経由の五島入りです。早速着替えて港近くの屋根尾島に上げてもらいましたが、コッパに遊ばれただけで終了しました。「11月末に20度あった水温が17度に下がって良型は底から浮いて来ない」とせいわ渡船の荒木船長、あと1週間したら喰い出すとの事です自然と天候はどうしようもありません。

12月25日(水)
レンタカーを借りて4人で塩津港へ、大島丸に迎えに来てもらい黄島へ行くことにしました。朝港で一緒になった地元の釣り人のお話によると「大瀬崎もコッパばかりで釣れてなく、福江も水温が下がって良くないとの事で黄島が一番良いですよ」との事でした後で判ったのですがホテル・カンパーナにお勤めで昨年もお会いした方でした。
中美漁にTさんと渡礁し撒き餌の跡が残っている所で竿を出すと、すぐにTさんが掛けました40近い良型です流石黄島です一時は入れ掛かりです、尾長の良型に飲み込まれてタモ入れ寸前に1枚飛ばしましたが、35〜47位をドンゴロスに満杯としました。Tさんもかなり釣っています黄島は期待を裏切りません帰りに船長さんに「明日も何人かで来ます」とお願いして中村旅館に戻りました。今晩は幸亭でせいわの船長・フィシングモリタの前のお母さんを招いての宴会です、大島丸の船長さんもお誘いしたのですが楽釣楽磯宣言のシロモッチが磯釣りスペシャルの取材に来ていて、民宿が忙しいからとの事でした。
幸亭さんが豪勢な料理を用意して下さり大宴会となりました。
草島で48センチを釣って来ていましたIさんが

12月25日(木)
メンバーを入れ替えて4人で黄島行きです、せいわの船長も黄島で一番と言っておられた平バエに4人であげてもらいました。竿出し早々から釣友に良型です、私もワンコの入り口でコンスタントに掛かり写真の様な良型混じりで大漁です、アタリが渋い時もありましたが我慢して待つと、ハリにのりますスバリもかなり引きましたが・・・途中皆に青ブダイの50センチクラスが順番に掛かり、汗をかかされましたが。

12月26日(金)
今日も4人が黄島へ、私は3人でせいわ渡船で船長お勧めの手代島に渡してもらいました。朝は上りなので港向きに竿を出します、沖向きの足元を釣っていたOさんに1投目から良型です2発目は惜しくも2.5号ハリス切れですかなりの良型が居るようです。T氏と並んで掛けるのですがコッパの連続です、潮は走っています遠投しても型が良くなりません、思い切って反対側に釣り座を替えてみます。遠投して仕掛けが右沖に流れ出すとアタリが出だしました、お持ち帰りサイズが混じりって来ましたまあまあのウマズラも混じり、両潮が当たる沖側のポイントで尾長まじりで入れ掛かりとなり30cmクラスがほとんどでしたが楽しめました。

12月27日(土)
5日目ともなると皆さんお疲れモードです、Iさんが一人でせいわ渡船で釣りに行きました。私たちは島内観光です大宝から大瀬崎灯台・玉之浦に寄って美味しいお寿司を食べに行く事にしました。べたなぎの大瀬崎の下で竿を出していました潮は川のようにゴウゴウと流れていました。玉之浦港に寄ると大鳥丸の船長さんが今日は20人程渡しているとおっしゃっていました。色々な所を回って鬼鯖鮨を土産に4時の便で五島を後にしました。

せいわ渡船
2014年五島・せいわ渡船.JPG


グレ(約45〜48cm)
2014五島・グレ.jpg


波に沈む小美漁島
2014五島・波に沈む小美漁.jpg


大瀬崎灯台
2014年五島・大瀬崎灯台.jpg


2014年五島・大瀬崎.jpg


2014年五島・大瀬灯台下.jpg


2014年五島・立神大瀬.jpg


posted by 小次郎 at 01:50| 奈良 ☁| Comment(0) | 海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。