2011年08月25日

8月19・20日三重&和歌山?奈良?熊野川の鮎釣り

11-08-19三尾川上流.jpg


11-08-19三尾川下流.jpg


11-08-20熊野・瀞大橋.jpg


11-08-20熊野・瀞大橋上流.jpg


11-08-20熊野・瀞川上流.jpg


11-08-20釣果.jpg



放水は5トンあまりです。20日朝3:30に自宅を出発、7:00に久保さん宅で囮を貰って情報をいただいて少し迷ったのですが、今年始めての温泉へ。

緩い所で糸フケを大きく取って泳がすと、早速18cmが来ました。早速囮を交換し上の瀬に入れると大きなアタリです、23cmのほぼレギュラーサイズですその後10匹までは、入れ掛かりです時計を見ると未だ8:30です。このまま続くのかなと思ったとたんに止まりました。

上下のポイントも探ったのですがピリッともしません、橋の上流に移動しました、浅場は丸見えですが囮を送り出すとすぐに掛かりましたが針はずれです、次はアユがクルックルッと掛かっているはずのに当たりが出ません、囮を引き戻すとハリスが飛んでいました。


それから橋の上下で5匹です、やはりアユは居ません、釣り人も居ませんが。この前から出合いに入っている人を見てないので気になっていたので、降りてみましたがやはり浅くなっています中ほどで10匹程掛けたのですが半分ばらしました。この時点で未だ昼過ぎですが納竿しました。


20日中に熊野に移動しました。土曜日は師匠の船に乗せていただいての釣りです。未だ発電放水が70トン・ダムが放流しててかなりの水量です。
川底も瀬肩が浅くなっています、湯の口の瀬の下にブルドーザーが待機してます、水が落ちたらアチコチ掘られますから注意しましょう。

5号オモリでキツイ所に囮を入れるも反応がなしです。島津の上の瀬の左岸で師匠が入れ掛かりでしたが、型は小さいです私も少し釣らせてもらいましたが。もう少し水が落ちたらやり易いのですが。
古座今日から80トン放水予定です今週末はダメでしょう。
posted by 小次郎 at 16:54| 奈良 ☁| Comment(0) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

8月11・12日和歌山県・古座川の鮎釣り

11-08-11三尾川橋上流.jpg


11-08-11三尾川下流.jpg


11-08-11一の木.jpg


11-08-11釣果.JPG


11-08-11天柱岩.jpg


11-08-12藤前の上.jpg


11-08-12三尾川橋6.5t.jpg


本当はもう少し早く行きたかったのですが、11日は10トン余りの放水で12日は6.5トンになりました。水の高い時は良く掛かったポイントもあったようでしたが、着いている鮎を抜くと後が続きません結局鮎が居ないとゆう事の様です。

11日は三尾川橋の瀬肩で午前中に10匹、型はまずまずでしたが・・・その後藤前に移動して6匹です。アゼチは1匹のみでした水が高くてちょっとやり難かったです。
今日は水が落ちたので、一ノ木の下の瀬は竿が入っていないので着いていればと思い、期待しながら囮を送り出したのですが反応が有りません、手前の大きな石良型が掛かるので下がって囮を止めると大きなアタリで良型です。
続いて3匹取り込みましたがその後いつも良く掛かる道路側、流芯を丁寧に色々な流し方をしたのですが、まったく反応が有りません。ここにも居ないのかていう感じです、その後アシデの瀬を少しさわって早々と退散しました。早く熊野苔着かないかな?
濁り取れているかな?という感じです。
台風9号の出水でかなり川相が変わっています、一ノ木の上の瀬と天柱岩の上の瀬は昔に戻りつつあります。藤前の瀬肩と鉱山の瀬肩はジャリで埋まっています端郷からかなり砂利が出てるようで、林道でも付けたのでしょうか藤前の真中は浅くなりました。
深く掘れているポイントもあるようですが、全体的に両岸が削れて川幅が広がり浅くなるというパターンです、まあ今に始まった事では有りませんが。

これで発電1基になると何処釣りますかね?
posted by 小次郎 at 00:36| 奈良 ☁| Comment(2) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

7月9日和歌山県・熊野川の鮎釣り

11-07-09熊野川2.jpg


11-07-09熊野川.jpg


11-07-09千枚田2.jpg


11-07-09千枚田1.jpg


11-07-09くも.jpg


今年初めての鮎釣りに熊野川に出掛けました、古座にも電話で問い合わせたのですが釣れないからもう少し水温が上がって、鮎がバラけてから来るようにとの事でした

。自宅を4時に出発し赤木を6時頃に通過しましたが工事中で迂回の指示です、そこで久しぶりに丸山を降りました。
携帯で写真を撮りました、うまく撮れていませんが。7時に三重の師匠お二人と不破囮店で待ち合わせです、囮を3匹購入し橋のたもとからボートを降ろして出発です。

そうです今日は師匠のボートに乗せて頂くのです首まで浸かって渡ってくる釣り人を何人も見てるとと快適です船での移動は。湯ノ口の下の瀬の肩に係留しお二人は瀬に、私は肩の深い所から今年初の鮎つり開始です。

囮は機嫌良く泳いでいるのですが反応が有りません、瀬では竿が曲がっています瀬尻では入れ掛かりだったようです。こちらは少し流れのキツイ所にオモリをかませて送り込むとパタパタと来ましたがめざしのような鮎です。
水が落ちたので型の良いのは深みに入ったのでしょう。その後竹筒の上の瀬と湯ノ口の上の瀬をやりましたが良型は出ませんでした。相変わらずの釣り人の多さです熊野は。

15〜17センチを20ほど持って帰りましたが天ぷらかな。


posted by 小次郎 at 00:48| 奈良 ☀| Comment(4) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。