2010年03月15日

奈良県・十津川アマゴ釣り

610-03-14栗平川.jpg
2010-03-14奈良県十津川村栗平川・栗平橋から上流を望む

10-03-14栗平川5.jpg
栗平川

410-03-14栗平川4.jpg
栗平川


10-03-14栗平川3.jpg
栗平川


10-03-14栗平川2.jpg
栗平川


10-03-14栗平川.jpg
栗平川


明けましておめでとうございます、本年もバリバリ釣りますのでよろしくお願い申し上げます。

年末年始磯釣りに、6回行きましたが30cmクラスが1〜2匹の貧果しかない日が続き、磯はもう向いてないと諦めていたところ、会友から2月に鵜来に3日間のお誘いがかかり、1度位間違ってサシエくわえてくれないかなという淡い期待も空しく、丸ボウズに終わりました。
天候も悪く水島グンカンに行けなかった事もありますが、本島の二番、スベリ、イカリモトで討ち死にです。

私には、アユとアマゴが残っています。そこで13日(日)釣友と二人で十津川滝川支流の栗平川へ出かけました、林道を上って行くと途中に1台車があり車止めには2台止まっておられたので、少し下って写真の滝の上流から入川しました。

久しぶりの栗平ですが、林道工事の影響かだいぶ小砂利が溜まって淵が埋まっていました。
最初に竿を出した落ち込みに続く深場は、期待十分に思えたのですが数投してもあたりがありません、そこでイクラの底撒きをしその後掛かりましたが小型が多く、放流が続きます。

水量は十分ですがやはりスレている感じがしました、結構魚影はあるのですが、大きいのが出ません。

車止めまで二人でゆっくり釣って写真の20cm前後を含め21匹の釣果でした。
昼には大月食堂でしめじ肉そばを食べていました。



10-03-14栗平川7.jpg
釣果
posted by 小次郎 at 23:29| Comment(1) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

9月20日和歌山県・古座川。21日和歌山県・熊野川の鮎釣り

09-09-20三尾川橋上流.jpg
09-09-20古座川・三尾川橋上流放水なし16〜23センチ18匹
前日から放水が遅いと囮屋さんで聞いていたので、ゆっくり温泉へ、プールには鮎がいっぱい見えます。

こぶりの鮎ですがこんなに鮎が居たのかと驚きです、9:30にやっと水が流れて来ました。

10時頃から竿を出し小型の鮎を7匹取り込み場所移動、出合いで8匹、アゼチで良型を3匹の計18匹で今年の古座でのアユ釣りは終了としました。

今年のように、夜放水がストップした状態で火振りをやると根こそぎ取られるのは間違いないでしょう。

小さいのは網の目から抜けるようですが、昔のように鮎が踏むほど居て
水量が豊富な時代と違い、鮎も水も少ない現在火振りをこのまま続ければどうなるか、もう皆さん解っておられるはずです。
有田川も止めたと聞いていますし、火振りをやめると補助金も増える?と耳にしたことがあります。

現在のような親アユをさんざん取った後で、禁漁期間を作ったところで
無駄だと思いますが皆さんのお考えはいかがでしよう。
まず半分でも禁漁の淵を設定するとか禁漁区間を作ってみるとか一歩踏み出すべきと思っています。

地球温暖化の影響による海水温の上昇等の関係で天然アユが減少している今ですが、自然に任せれば必ず天然アユが帰って来ると思います。
組合の経営は釣り人の収入が大部分のはずです?
漁業組合の皆さんの英断に期待します。


NEC_0020.JPG
09-09-21熊野川の鮎 15〜22センチ16匹

古座から熊野川へ移動途中、宮井から小舟にかけての三重県側は、テントの花盛りものすごい釣り人です。

息子と玉置口で待ち合わせて大瀬に渡してもらう、分流をさぐり・瀬尻には5号玉をかまして囮を入れるがピリッともしません。
掛りだしが遅くなっているようです。

3匹目の囮にすべてを託し、最上流の深場を上に泳がすと気持ちの良い当たりで良型が竿を絞りこんでくれました。

慎重に取り込んで、さあーここからが勝負と送り出すと、さすがに野鮎はスピードが違いすぐに仲間を呼んでくる、ポツポツと掛りましたが4時までで16匹しか取り込めませんでした。
もう竿仕舞いの予定でしたが、悔しいのでもう一回挑戦します。
一雨欲しいです。 
posted by 小次郎 at 00:57| Comment(0) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

9月12日・13日和歌山県・古座川の鮎釣り

09-09-12三尾川橋上流放水4.1トン.jpg
09-09-12三尾川橋上流放水4.1トン

09-09-12アゼチ上流.jpg
09-09-12アゼチ上流

09-09-12アゼチ下流.jpg
09-09-12アゼチ下流

09-09-12 15〜22センチ25匹.jpg
09-09-12 15〜22センチ25匹

天柱岩.jpg
天柱岩

09-09-13 15〜23センチ 30匹.jpg
09-09-13 15〜23センチ 30匹

9月12日(土)
放水は4.1トン・ご覧の通りの渇水状態です。雨の予報に期待して一ノ木に入川、瀬を上にとばすがピリッともしません。
下流の深い所でやっと一匹、型は良いのですが後が続きません。
雨が夕立ちのように降り出し竿を持つ手に力が入りましたが、パラパラと5匹で終了しました。
待望の雨予報に期待しましたが結局地面を濡らすだけの雨でした。

温泉に移動して10匹、手前の石のキレイな所を泳がすとやや小ぶりな鮎が出ました。

石の大きい所で来る鮎はましな型が混じります。
その後アゼチに場所がわりして深い所を下からキレイに泳がすと、良型が出ました。
毎日釣り人が攻めているので、丁寧に探ると掛りました。
ダムの水が悪いのか掛り鮎を囮にするとあまり泳ぎません、瀬で掛った鮎はまだ元気ですが。(酸欠?)
釣り人が多くテント組も居られなかなか移動がままにならない一日でした。

9月13日(日)
放水は4.2トン・朝早くネットで見ると昨日と同じ位放水していまが、
見た目には減水に見えます。
天柱岩に入って1匹掛けるのがやっと、そこに3人組が入って来られたの
場所を譲って藤前へ。
細糸でゆっくり泳がすとしばしの入れ掛かり、型は混じるものの10数匹を取り込む。
そののち橋の上で型の良いのを6匹掛けました。
昨日出合いに、地元の方の軽トラが長い間止まっていたのは解っていたのですが、他に入るポイントがなく入川、竿抜けがあるとすれば瀬肩の木の近くだろうと、囮を泳がすと10匹までは入れ掛かりとなるも、少し下ったポイントでは中々掛りません。
何とか15匹程掛けて終了しました。

今日から朝の6時から夕方の6時までの放水となったようです。
20日から火振りが入りますが、一晩ですべての淵がやられるわけでもありませんから、例年10月中は知って居られる方は来られてますよ。
皆さんもぜひお出かけください。







posted by 小次郎 at 00:45| Comment(0) | 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。