2012年02月27日

2月24・25日和歌山・有田周参見の磯釣り

2012022515260000.jpg


2012022511510002.jpg


2012022508400001.jpg


2012022508180001.jpg


和深の双子の親の予約が入ったとM名人から誘われていて楽しみにしていたのですが、大荒れで磯止めです急遽有田の美紀丸渡船さんに乗せていただきました。

朝は潮が高く長嶋に渡礁して沖の大島に渡れるの待ちました。2投目に強烈なアタリあり根に沿って走ります止まりません、道糸2.8号ハリス2.5号ですが結び目から飛ばされました、残念ながら。ハリスを3号にして再度流します又足元で又同じようなアタリですが今度もラインブレイクですコロダイのでかいのがいる様です。

その後沖の大島に磯替わりし本命ポイントにM氏が入り私は船着きで竿を出しましたが、かなり波がありますM氏はポツポツとグレを掛けていますが、私はイサキが1匹と三の字がきたのみですそこで横に入らせてもらってやっと顔を見ましたがあとは三の字とでかいイズスミばかりです船頭さんに貰って頂きましたが。地の大島と平島?も釣れていました、とっても親切な船頭さんで又出かけたいと思っています。



二日目は久しぶりにすさみの赤木渡船さんに予約をしていました、船に乗ると船頭さんが数日前から潮が替って遠投して釣る様にとの指示がありました。シオフキに5人が上がり白島に向かうと私達に次ぎ上がる様にとの指示です。

北からの風がかなり吹いています潮は左へ下り潮に引かれています。久しぶりにBOMの00でスルスル仕掛けを入れてみました、2投目にスパッとウキが入り30cmが、続けてもう1匹今日は良い感じと思ったとたんに止まりましたアタリがまあ良くある話ですが。10時ころに38cmと42.8cmと来ましたがあとは三の字のデカいので汗をかいたのみでした。
posted by 小次郎 at 01:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

2月4日和歌山・和深の磯釣り

2012020509230002.jpg


M氏に好調が続く南紀和深へ連れてもらいました30年振りです、海くんで大量のエサを仕入れ船波港に8時到着のゆっくりとした釣行です。

今日の予約の磯は牛の背です双子の釣り人は風に向かって頑張っています。風波と北西がかなり吹いています、私たちはやや追い風でやりやすいのですが、潮は左にゆっくり動いています。最初の1枚は取り込んだのですが2枚目がハリハズレ3枚目は底でスパッと切られました尾長のまあまあのが居るようです。それからは水温が下がったのかピタッとアタリが止まりました、M氏が藤原名人と電話で「遠投して止めて釣るよう」アドバイスを貰って大遠投で良く掛けていました。南紀のウキ下は1.5ヒロから2ヒロと浅くて釣り易いのですが(最近は紀東の釣行が多くて1本から2本とか)風とウネリでアタリが取りにくく難しい釣りでした。
posted by 小次郎 at 00:53| 奈良 ☔| Comment(0) | 海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

1月28日三重・早田の磯釣り

2012010914080002.jpg


2012010914080002.jpg


2012012814410000.jpg


4人で早田の青木に行って来ました、船着きに私、沖側にT氏O氏と並びN氏は山越えでスベリに入りました。早速撒き餌を入れ仕掛けを用意し浮き下3ヒロで、釣り始めましたがアタリもなくエサがありませんエサ取りがキタマクラがかじっています。

潮は左(早田)へ流れています私は二人の撒き餌係です写真の釣り人の居るポイントのO氏が入れ掛かりです、潮は1日中左に流れていました横のT氏も掛け始めましたが私だけ浮木に変化はありませんスベリのN氏も小型ながら順調に取り込んでいます、たまらずT氏とO氏の間に入れてもらい3匹釣らせてもらいました。

他の磯も釣れていました小型が多かったようです、水温は17度でした。4日の土曜は和深に行って来ます。

posted by 小次郎 at 22:35| 奈良 ☀| Comment(0) | 海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。